,

自分の言葉で:スモールビジネスの経営オーディオシリーズ

For small businesses, 2020 has brought previously unimaginable challenges, new operating models, and new perspectives. We created a space for Square sellers to share their experiences honestly—the good and the bad.

Squareの多くのクリエイティブなサービスには、機能的な目的があります。弊社製品の仕組みをご覧にいれたり、ビジネスオーナーを支援する具体的な方法をお見せする必要が生じることがよくあります。そしてこれまで以上に、個々のSquare加盟店さまをストーリーの主役にすえるべきだという思いが強くなっているように感じます。以前のようにビジネスを取り上げるのでは時勢に合わなくなっています。

インスピレーション

本オーディオストーリープロジェクトは、ビジネスオーナーのコミュニティを作りたいという思いから広がってきました。世界的なパンデミックによりもたらされた予想もしなかった課題に直面しながらも、他のオーナーからまたは互いに学んでいけたらと願っています。

ご自身の道を切り開いている個々のビジネスオーナーの声を取り上げて、これらのストーリーにより彼らが乗り切った険しくも成功を収めた経験を伝え共感、インスピレーション、主張を生み出すことが目標でした。

クリエイティブの面では、これらのストーリーをできる限りシンプルに提示することを目指しました。彼らの見解からおのずと共感、インスピレーション、主張が生み出されます。各ストーリーテラーのメッセージから注意をそらすことなく、視聴に集中していただけるシリーズを発表したかったのです。

Seller-Audio-Stories---El-Juice-Bar---02 ASC

クリエイティブ

Lo-Fiビジュアルを活用して、ビジネスオーナーに焦点を当て続けています。白黒およびミニマルなデザインを採用して、ムードを操作することなくストーリーを浮き彫りにしています。また白黒のパレットにより、ストーリーの情感が増幅しており、希望あるいは苦しい状況をより際立たせています。見せ方とフィーリングを一貫させたことで、特定のストーリーの進行に合わせてデザインを変える必要がなくなりました。

全国のSquare加盟店を紹介

当初はこれらのストーリーを、Squareのソーシャルチャンネルでライブで流そうと思っていましたので、長さを60秒に設定しました。そうすれば、各ストーリーをスワイプすることなく1つのInstagram投稿で見られるからです。

また、これらは自動無音で再生するプラットフォームであるInstagramのオーディオクリップであるということを、踏まえる必要がありました。そこで音波ビジュアルをトリガとして利用して音声をオンにし、またビジュアルリマインダーとして使用してこれらの会話を実際の人々と電話で行いました。

電話を受けたときと切ったときの音を各録音の最初と最後に追加して、通話をよりリアルに感じられるようにしました。さらに、無理にバイブやフィーリングを加味しないよう、音楽はなしにするという割り切った決定をしました。

今後の展望

すでに、オリジナルオーディオシリーズが進化しているのを目の当たりにしています。本シリーズはSquareの最新のブランドキャンペーンの根幹として機能し、リアルなビジネスオーナーたちが写真やアニメーションを交えながら彼らのストーリーを語る、注目コンテンツとなっています。この作品をテレビ、ラジオ、Squareのソーシャルメディアページ、カスタムウェブページで放送していきます。

シリーズ中の1つの動画に、テキサス州サンアントニオ「El Juicebar」のAndrew Moraが出演しています。全シリーズは、こちらからご覧ください。

また、George FloydとBreonna Taylorが不正に殺害されたことを受けてBlack Lives Matterデモが全国的に広がった後に、見解や体験を積極的に共有してくださった黒人ビジネスオーナーのストーリーをお届けしたのと同じオーディオシリーズ形式を利用しています。

本オーディオシリーズは進化し続けます。 実績ある効果的でスケーラブルなメディアであり、全国のさまざまな業界のビジネスオーナーとつながることができます。引き続き、Square加盟店さまの声と地元コミュニティへの貢献を取り上げてまいります。