,

コミュニティ第一のデザイン

Squareコミュニティのデザイナーが発揮する個性、復活力、そして賛美。

Square コミュニティは従業員主導かつ自立したリソースグループであり、さまざまな背景やアイデンティティが集うSquareで相互信頼やインクルーシブな環境を推進しています。コミュニティをサポートする一環として、デザイナーは社内および社外のプロジェクトに取り組み、ビジュアル面でのアイデンティティの確立とメンバーのストーリーの共有を促しています。

「コミュニティ内のデザインはとても個性的で、Squareで各コミュニティがストーリーを共有するクリエイティブな方法が組み込まれています」と、Squareのインクルーシブな環境と多様性スペシャリストのSoleil Acreeは述べています。

特定の色、画像、パターン、文化的な側面が合わさってデザインが波打つ様子がとてもパワフルで、各コミュニティのアイデンティティが際立っています。

SOLEIL ACREE、 I&Dスペシャリスト

このコラボレーションの一環として、デザイン部門はコミュニティのために小さなキャンペーン/プロジェクト「Spotlight Months」を立ち上げています。Spotlight Monthsとは、各コミュニティにとって重要なテーマとメッセージをより多くのリソースで強調する、特別に指定された月間です。5月のアジア・太平洋系(API)米国人月間や、6月のプライド月間などの全国的な月間と、Spotlight Monthsが一致することもあります。大半のコミュニティには、無作為に月が割り当てられています(7月の両親月間など)。

Squareには現在、12を超えるコミュニティがありますが、特にAPI Squares、Squeers、Parents@の3つに対応するSquare コミュニティを取り上げていきます。どれも最近デザイン主導のプロジェクトを行い、ストーリーを共有しメンバー同士ばかりでなくより幅広いコミュニティとつながっています。各プロジェクトを支えるデザイナーと話して、彼らが得たインスピレーションについて詳しく聞きました。

プライド月間用デザインのバンダナ

Squeersの元チェアパーソンおよび現メンバーであるChloe Stokesは、プライド月間を記念してSqueersのためにバンダナを作成しました。「複雑なコミュニティのアイデンティティと理想をバンダナで表現することは、本当に難しいです」、と彼女は語りました。その困難を彼女は成し遂げました。限られたスペースでStokesは、本年度のテーマである「闘いつづけよう:表明、抵抗、復活」からひらめいたビジョンを表現しました。

特に復活のコンセプトで、バンダナの最終デザインが決まりました。 「自然にまつわるデザインにしたことで、成長、美、光ばかりでなく生命の輪も伝えることができました。クィアコミュニティの過去、現在、未来を表しているという風にも感じました。」このナチュラルなモチーフは優雅でありながら、Stokesが選んだパワフルなAudre Lordeの言葉で、大きくはっきりとテーマが述べられています。

バンダナのデザインは、Squareクリエイティブ部門のInstagramフィードのコニュニティ画像のフレームとしても使われています。詩が添えられているこの画像は、Squeersコミュニティから直接提供され、zine(自己表現の共同出版物)が作成されました。

APIコニュニティをつなぐ格言

API伝統月間では、Finn Wang、Eileen Tjan、そしてMio Yoshigiwaが新/旧の格言紹介プロジェクトを立ち上げました。コミュニティメンバーからお気に入りの格言を集めて、Squareクリエイティブ部門のInstagramフィードの投稿として映えるようそれぞれをデザインしました。

The typographic collaging, intermingling of Latin characters, and the variety of native languages submitted plays on the dual identity many Asian Americans experience while balancing two cultures.

A moodboard with various sources of inspiration for calligraphic type, gradient styles, and textural treatments.

デザイナーたちは故意にバラエティーに富む作品を創り出して、それぞれ個別の声、ストーリー、意義に力を与えました。連作を見ているのですが、各投稿のデザイン自体が実に雄弁であるのがお分かりになるかと思います。

We were really excited about the idea of proverbs being ‘words of wisdom’ and how they have been passed on for centuries verbally.

MIO YOSHIGIWA, API SQUARES MEMBER

“We started playing around and visualizing how voice traveling and influencing would look in colors or patterns,” explained Mio Yoshigiwa, an API Squares member. “From this exploration, we designed one large gradient background and decided to use parts of that in each post. Each post has its unique background, but when you look at it in its entirety, you can see the whole picture as one.” The project included a total of twelve stunning posts.

A cookbook for parenting in unprecedented times

The pandemic introduced near-impossible parenting challenges: sudden homeschooling, kids crashing Google Hangouts — though to be honest, I loved every guest appearance — and maintaining some semblance of a balanced lifestyle. It’s no surprise that folks were craving easy and accessible family recipes they could whip up after a long day. That’s where Angie Garland, a designer on the Corporate Purpose Communications team, stepped in to help members of Parents@ create something tangible, helpful, and well-designed: a cookbook.

A photo of the cover of the cookbook on a wooden surface with a hand touching it

Garland worked closely with the community to collect and review recipes, gather family food stories, and remotely art-direct kitchen photoshoots. One parent even set up a makeshift photo studio in their greenhouse, which was really next level.

“We wanted to keep the tone light and optimistic, so I used a bright and playful color palette, paired with a simple and emotive illustration style to complement the beautiful food and family photography,” Garland said. Members of the Parents@ community made suggestions about the book’s materials to ensure durability: “Knowing the book would be used in kitchens with young families, we opted for a semi-gloss paper stock to ensure spills and smudges were easier to wipe off.” Parents think of everything.

Design gives voice to individual and collective experiences, strengthening bonds within communities and building bridges between them — whether it’s through a bandana you wear, an Instagram post you share, or a cookbook you consult for tonight’s dinner with your family.